『Chase』

軽快でノリのいい8ビートR&Rナンバー。
今回ORCでアルバムを作るに至り、ひとバンド目のポジションと言う重要な役を買って出た。
そして更にこの曲はアルバムの1曲目。
つまり意識したのは、“ORCの1曲目に相応しいものを”だ。
一発で「ロックのCDや」て分かる様な曲調、そして歌の内容は、
勿論俺自身が生きている中で感じたものを表現しつつも、アルバム全体、
また4つのバンドに共通する部分を出した。

どこまでもプリミティブ。言い訳や理屈ではなく、ありのまま、
“TRUTH=心が本当に欲しているもの”を追いかける。そんな曲。
リズム、ギター共にノリの良さが良い。
ドラムの16分回しのオカズや、Aメロのベースラインの遊び心ある感じが
“ロック!”って感じで良い。

この曲で始まり、ギャングの『カウント4』で本編が帰結するワケだが、
お陰で非常にまとまりの良いアルバムになった。

(ATSUYA/THE★RIOTS)


           





←BACK